Office365を使って快適なオフィスワークを実現しよう!

Office365に wsp パッケージファイルを導入する方法

本記事はプランEで検証しています。

.wspファイルとして提供されたOffice365(SharePointOnline)アプリケーションを
ご自分のテナントに導入する方法です。

作業は「サイトコレクションの管理者」で行います。

SharePointOnline画面から、「サイトの設定」 を開きます。
SPO_wsp1

[Webデザイナー ギャラリー]-[ソリューション]を開きます。
SPO_wsp2

[ソリューション]タブのなかから、[ソリューションのアップロード]をクリックします。
SPO_wsp3

ファイル選択ダイアログ画面から、入手した .wspファイルを指定して[OK]をクリックします。
SPO_wsp4

[ソリューションのアクティブ化]画面に変わるのでリボンにある[アクティブ化]をクリックします。
SPO_wsp5

wspファイルがアップロードされアクティブ化されました。
SPO_wsp3

ここまでの作業で、Office365のSharePointOnline 上にwspファイルをアップロードすることが出来ました。
サイトソリューション等、ファイルの構成によってはここまで作業することにより[新しいサイトの作成]画面に登場します。
Webパーツなどは、利用したいサイトでの[アクティブ化] が必要な場合もあります。

[サイトの設定] -[サイトの操作]-[サイト機能の管理]をクリックします。
先ほど追加した機能に対して[アクティブ化]をクリックします。
SPO_wsp6

画面上[アクティブ]を表示されれば、このサイト上で利用することが可能になりました。
※この設定はサイト毎に必要です。別サイトで同じ機能を使う場合は、各サイト毎に機能のアクティブ化作業が必要ですので注意してください。
SPO_wsp7

後は導入した機能により異なりますが、Webパーツ追加画面やリスト追加画面などに、導入した機能が追加されているはずです。
もし出てこない場合は開発者に確認してみましょう。

Knowledge Base

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社エクシード・ワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.