Office365を使って快適なオフィスワークを実現しよう!

Office365 インプレース情報開示の期限

先日は、インプレース情報開示の期限が、無期限・無容量になったことを

ご説明しましたが、

設定によっては、インプレース情報開示の期限を管理者側で設定を

行っている場合があります。

 

期限が設定されているのかの確認 Powershellは下記の通りです。

一度確認を行っておいた方が良いでしょう。

 

=========================================================

■ 訴訟ホールドの有効状況を確認する PowerShell コマンド

=========================================================

<構文>

Get-Mailbox | Select Name,Litigation*

 

<実行結果例>

Name : User1

LitigationHoldEnabled : False

LitigationHoldDate :

LitigationHoldOwner :

LitigationHoldDuration : Unlimited

 

Name : User2

LitigationHoldEnabled : True

LitigationHoldDate : 2014/12/31 23:59:59

LitigationHoldOwner : admin@contoso.com

LitigationHoldDuration : Unlimited

 

<各種パラメーター>

LitigationHoldEnabled:訴訟ホールドが有効な場合 True と表示され、無効な場合は False と表示されます。

LitigationHoldDate:メールボックスが訴訟ホールドの対象となる日付を指定します。

LitigationHoldOwner:メールボックスを訴訟ホールドの対象としたユーザーを指定します。

LitigationHoldDuration:メールボックスが訴訟ホールドの対象となる期間を指定できます。

=========================================================

■ LitigationHoldDurationの値が10年のユーザーを抽出し、一括で無制限に変更するPowerShell コマンド

=========================================================

<構文>

Get-Mailbox -RecipientTypeDetails Usermailbox |where{$_.LitigationHoldDuration -like “3650*”} | Set-Mailbox -LitigationHoldDuration “Unlimited”

=========================================================

■全ユーザーの LitigationHoldDurationの値を確認するPowerShellコマンド

=========================================================

 

<構文>

Get-Mailbox -RecipientTypeDetails Usermailbox | select Name,LitigationHoldDuration

 

=========================================================

■訴訟ホールドオーナーを変更するPowerShellコマンド

=========================================================

 

【1-1】個別のユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー変更を行うには以下のコマンドレットを実行します。

<構文>

Set-Mailbox -Identity <ユーザーメールボックス名> -LitigationHoldOwner <オーナー設定希望ユーザー名>

 

【1-2】個別のユーザーメールボックスに対して、オーナー名の確認を行うには、以下のコマンドレットを実行します。

<構文>

Get-Mailbox -Identity <ユーザーメールボックス名> | Select LitigationHoldOwner

 

【2-1】すべてのユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー変更を行うには以下のコマンドレットを実行します。

<構文>

Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox | Set-Mailbox -LitigationHoldOwner <オーナー設定希望ユーザー名>

 

【2-2】すべてのユーザーメールボックスに対して、訴訟ホールド オーナー名の確認を行うには、以下のコマンドレットを実行します。

<構文>

Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox | Select LitigationHoldOwner,Name

 

2014年12月現在

Knowledge Base

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社エクシード・ワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.