Office365を使って快適なオフィスワークを実現しよう!

ローカルのExchangeサーバーからOffice365への移行時にOutlookがうまくセットアップできないとき

ローカルのExchangeサーバー(たとえばSBS2011)から、Office365のExchnage Online に移行をした場合、
いつも通りにOffice デスクトップ アプリケーションをインストールしてOutlookを起動すればOKとはなりません。

AutoDiscoverがローカルのExchange サーバーを参照してしまい、ExchangeOnlineへ接続できません。
下記レジストリを編集することで、きちんとOffice365を参照するようになります。

これはSBSのExchangeの利用は停止するけど、ドメインコントローラ、DNSサーバーとしては引き続き利用する場合などに起こる現象です。
(DNSサーバーの設定を適切に変更すれば解決するかもしれませんが…)

詳細はコチラを参照してください。
参考:Exchange Online の試用期間中または Exchange Online と Exchange Server 2007 との電子メールの共存期間中に問題が発生する(KB956955)

先日、リンク切れだったので、対処方法だけメモします。原因などはリンク先をきちんと参照してください。

以下のレジストリサブキーを探して、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\AutoDiscover
以下のレジストリ値を設定します。
値の名前 : PreferLocalXML
値の種類 : DWORD
データ : 1

値の名前 : ExcludeHttpRedirect
値の種類 : DWORD
データ : 0

値の名前 : ExcludeHttpsAutodiscoverDomain
値の種類 : DWORD
データ : 1

値の名前 : ExcludeHttpsRootDomain
値の種類 : DWORD
データ : 1

値の名前 : ExcludeScpLookup
値の種類 : DWORD
データ : 1

値の名前 : ExcludeSrvRecord
値の種類 : DWORD
データ : 1

 

レジストリの編集には十分気を付けてください。
インストールしているOfficeのバージョンによってはレジストリサブキーが異なります。

※SBS2011についてはこちらのリンク Windows Small Business Server 2011 を参照してください。

Knowledge Base

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社エクシード・ワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.