Office365を使って快適なオフィスワークを実現しよう!

共有ファイルを削除しても、各クライアントには残っている

GoogleAppsを選択してはいけない理由シリーズ

GA_Drive

Googleドライブはクラウド上に保存されたファイルをエクスプローラに統合してくれる便利なツールです。
OneDrive for Business と同じ機能ですね。

ビジネスで使うファイルですので、重要なファイルを複数のメンバーで同期したいです。
クラウド上の1カ所で管理出来れば、メール添付で送るよりも安全で管理が簡単です。
そして、そのクラウドデータが手元のパソコンに自動同期されたら…とても使いやすいのです!

問題は削除したときに。。。

Googleドライブ も OneDrive for Business もエクスプローラ統合され、クラウドのデータと同期してくれます。
これはとても便利な機能で、まるでローカルパソコンのハードディスクの中に保存しているファイルを操作するようにクラウドのファイルを操作できます。
(実際にはローカルのファイルを操作したあとに、アプリケーションが同期処理を自動的に行っています)

ではこのファイルを消した時にどのような動作をするのでしょうか?

クラウド側で削除した場合も、エクスプローラでメンバーの誰かが削除した場合も同じことがおきます。

  • OneDrive for Business の場合
    クラウドで削除した場合は、クラウドの「ゴミ箱」に移動
    パソコンのエクスプローラで削除した場合は、削除した人の「ゴミ箱」に移動
  • Googleドライブの場合
    クラウドで削除した場合は、クラウドの「ゴミ箱」に移動
    パソコンのエクスプローラで削除した場合は、そのファイルを同期している人全員の「ゴミ箱」に移動

つまりGoogleドライブのファイルを削除した場合、
不要になって削除したファイル、間違って共有してしまった部外秘ファイルも、一度共有してしまったが最後、削除しても共有相手のゴミ箱には残ってしまうのです。
もちろん「ゴミ箱を空にする」を実行しない限り誰かのパソコンの中には残り続けます。

人はミスをするものですが、ミスを取り消せないのは怖いですね。。。。

Knowledge Base

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社エクシード・ワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.