Office365を使って快適なオフィスワークを実現しよう!

Office365 に PowerShellで接続する

Office365のちょっと高度な設定変更をしようとすると、PowerShellを使う必要があります。
Windows7以降に標準でインストールされている統合環境Windows PowerShell ISEを使うことをお勧めします
Windows PowerShell ISEはコマンドプロンプトでの作業に慣れていない管理者でも、見た目が違うので比較的使いやすいのではないでしょうか。
使ったスクリプトを保存することも、もちろんできるので再利用をバンバンやっちゃいましょう。

ISEの使い方はCodeZineさんとかで解説されているので、そちらを参照してください。
統合開発環境「PowerShell ISE」を使ってみよう

接続するだけならば簡単です。
以下のおまじないをPoweShellで実行すれば良いです。

操作手順

※2014年02月03日の情報です。
実際の作業の際は、Beta版については最新が無いか確認してください。

以下の2つのモジュールをインストールします。

PowerShell ISE から以下の4つのコマンドを実行します。

$Cred = Get-Credential

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $Cred -Authentication Basic -AllowRedirection

Import-PSSession $Session

Connect-MsolService -Credential $LiveCred

※2行目が長くて改行していますが、1行で実行してください。

 


システム設定をするのですから、もちろん管理者のアカウントを入力します。
ユーザー名は管理者アカウントの メールアドレス となります。

しばらくするとログインされるので、実際に必要なコマンドを実行していきましょう。

 

実行時にエラーが出た場合は以下も参照してください。

参考KB : リモート Windows PowerShell から Exchange Online に接続すると “WinRM クライアントは要求を処理できません” というエラーが表示される

 

Knowledge Base

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 株式会社エクシード・ワン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.